ストレスとムダ毛の関係

ストレスが溜まることにより、ムダ毛が濃くなるといわれています。
どうしてなのか疑問に感じる人もいるでしょうが、これには理由があります。

 

まず、ストレスが蓄積されている状態に陥ると、自律神経がおかしくなります。
また、自律神経がおかしくなると、脳の視床下部から指令が下ることにより起こるホルモンの分泌に影響が及ぼされます。

 

ストレスが溜まると自律神経が乱れ、さらにはホルモンバランスが崩れるのです。

 

ホルモンのバランスが乱れることがきっかけで、男性ホルモンの分泌量が増加することがあります。
男性ホルモンが大量に分泌されるようになると、太くて硬い毛に成長することに繋がります。

 

このような現象は薄毛に悩む人にとっては大歓迎でしょうが、体毛のムダ毛となると特に女性の場合は歓迎することができません。
処理がたいへんになりますので、ストレスを溜め込まないような生活をしたいところです。

 

なお、ストレスが溜まる原因は色々ありますが、寝不足も主な原因に含まれます。
十分な睡眠時間を確保することにより、ムダ毛が濃くならないための対策をしましょう。

 

また、溜まったストレスを解消するには、体を動かしよく汗をかいたり、趣味の時間に熱中したりすることが良いといわれています。

 

以上のような関係がムダ毛とストレスにはあります。
特に多忙な現代人には難しい問題かもしれませんが、なるべくストレスを受けないようにすること、溜まったストレスは解消することが、濃いムダ毛を作らないための対策になるでしょう。